プラセンタの原料

動物プラセンタ、植物プラセンタの原料は

プラセンタの原料は動物と植物の2種類あり、それぞれ沢山の種類があります。動物由来のプラセンタは、SPF豚とサラブレッド馬が良いとされており、羊や牛プラセンタは狂牛病などの危険性から今ではあまり人気がありません。

植物プラセンタは胎座の他にもライ麦などが入っている場合がありますので、アレルギーをお持ちの方は気を付けましょう。

動物の違いによるプラセンタの危険性と安全性

プラセンタには様々な種類があり、大きく分けて動物と植物に分けられます。動物のプラセンタでは、しっかり整備された環境で成長したSPF豚のプラセンタと、サラブレッド馬のプラセンタが安全性の高い製品と言われています。馬は体温が高く他の動物と比べると病気が少ないと言われていますので、お値段は高くともオススメと言えます。

羊や牛のプラセンタは、狂牛病の危険性があることから、国内での使用は積極的に行われていません。しかし、羊のプラセンタは人と似た部分が多いことから、海外では人気が高いようです。

胎座を使用した植物プラセンタの危険性と安全性

プラセンタは、動物のプラセンタに加え、植物のプラセンタも存在します。実際植物にプラセンタは存在しませんが、動物のプラセンタに類似した胎座が植物プラセンタに当たります。

胎座は、植物の種が育つ際に必要な栄養分が詰まっている場所です。動物のプラセンタに比べて感染の危険性は低くはありますが、ライ麦や小麦が混ざっていることもありますので、アレルギーのある方は気を付けましょう。

プラセンタの危険性と安全性