プラセン注射の副作用

プラセン注射に副作用はあるのか?

人から採取されたプラセンタを使用したプラセンタ注射は、即効性が高いのですがリスクが無いとは言い切れず、ヤコブ病や肝障害が起こる危険性も否定は出来ません。そして、プラセンタを注射すると、献血ができなくなるという事実をしっかりと認識しておくことも大切です。

効果が高い分、副作用の危険性もあるプラセンタ注射

プラセンタは、サプリメントと比べて直接的に体内へ取り入れられるため、即効性が高いと言われています。しかし効き目が高い分、副作用が出るリスクもあるようです。

原因はまだ解明されてはいませんが、ヤコブ病になる危険性、肝障害が起こる危険性などが少ないながらあると言われています。プラセンタ注射をする前は、しっかりと安全性を確認してから注入することが大切です。

プラセンタ注射をすると、献血が出来なくなります

プラセンタ注射は、ブタなどから採取したものではなく人から採取したものを使用します。そのためプラセンタからの感染の危険性を防ぐため、献血することは法律で禁じられているのです。

感染する場合は、プラセンタ中のタンパク質からの感染リスクがあるようです。感染の確率は非常に低いようではありますが、これらの危険性があることを認識しておいた方が良いでしょう。

プラセンタの危険性と安全性