ご自分の体質に合ったプラセンタを選ぶことが大切です

現在販売されているプラセンタには、様々な種類の製品が存在しています。また、プラセンタの摂取方法やプラセンタの由来によって危険性が異なります。健康的にプラセンタとお付き合いするためには、ご自身の体にはどのプラセンタが適切で、どれくらいの量を摂取すれば良いのかを把握することが大切です。

摂取方法によって危険性が異なるプラセンタ

プラセンタを摂取する際は、どのような方法で摂取するのが良いのかをしっかりと調べることが大切です。注射で摂取するプラセンタと、サプリメントやコスメで摂取するプラセンタの種類は異なり、また危険性やリスクも異なります。特に人のプラセンタを摂取すると、献血が出来ないなどの制限も出てきます。

自分自身の体調や体質をよく把握し、最も良いとされるものを選択されることをお勧めします。

種類によって危険性、濃度が異なるプラセンタ

プラセンタには、人、豚、馬、羊、牛、植物といったように様々な品種由来の製品があり、人由来のプラセンタは注射、豚や馬、植物はサプリメントやコスメに使用されています。羊や牛は、狂牛病の危険性があるため、日本では販売されていません。

プラセンタは製品によって濃度が異なりますので、自分の体質に合った適度な量を摂取することが大切です。

プラセンタの危険性と安全性